スマートフォンタイムズ

スマートフォン マーケティング情報サイト

スマートフォンタイムズ

  • スマートフォンタイムズFacebookページへ
  • スマートフォンタイムズFeed

街を舞台に行われたO2Oのモバイルキャンペーン

  • アプリ

O2O(Online to Offline)という言葉が頻繁に聞かれるようになりました。オンラインとオフラインの実世界の融合や連動を意味するものですが、スマートフォンの普及が手伝って、最近ではO2Oのモバイルキャンペーンが積極的に行われています。

■ランナーを残らず探せ、Nikeの「Catch the Flash」
Nikeがオーストリアで実施した消費者参加型のキャンペーン「Catch the Flash」。夜間、首都を舞台に行われたキャンペーンでは、光を放つジャケットを着た50人のランナーが街中を90分間走り回りました。参加者のゴールは、GPSをつけて走るランナーを残らず見付だすこと。スマートフォンでランナーの写真を撮影し、フラッシュが光るとランナーに割り振られた特定の番号が浮かびあがります。最終的に最も多くのランナーを仕留めた参加者が優勝。参加者も身体を動かしNikeのイメージであるランニングをアピールする。そこにさらに位置情報やゲーム要素が加わったNikeらしい興味深いキャンペーンです。

■マンハッタンでアウトドアを新たに発見するキャンペーン
アウトドア商品を販売するREIが、初のニューヨーク出店を祝して行ったキャンペーン。大都会マンハッタンの住人にとってアウトドアは決して日常的ではありません。そんな人たちに店舗を訪れてもらうために、REIは街中に400枚のポスターを貼り出店を発表しました。

また「Find Out NYC」というスマートフォンアプリをリリース。ダウンロードしてスマートフォンをポスターにかざすと、アウトドアの風景が浮かび上がります。またスマートフォンを360度回転することでさらにアウトドアを探索することもできます。探検をしながらREIの店舗の情報を確認したり、ニューヨーク市内で開催されるアウトドアイベントの情報などをチェックすることも可能。

風景に隠されたアイテムを発見することで、景品を獲得するキャンペーンも開催されました。都心にいながらにしてアウトドアを味わえる、「アウトドアは意外と近くにある」というメッセージを発信し、さらには店舗誘導にもつながる面白いキャンペーンです。

REI “Find Out NYC” Brand Film from Thornberg & Forester on Vimeo.

サイト内検索

アーカイブ

© 2011 SmartPhone Times