スマートフォンタイムズ

スマートフォン マーケティング情報サイト

スマートフォンタイムズ

  • スマートフォンタイムズFacebookページへ
  • スマートフォンタイムズFeed

小売業も変えるスマートフォン、スーパーのお買い物を駅のホームで

  • トレンド

日本と同様、韓国でもスマートフォンはものすごいスピードで普及している。韓国の放送通信委員会によると、2010年末、携帯電話加入者にスマートフォンユーザが占める割合は15%。このまま増え続ければ、予測では2011年末には国民の3人に1人がスマートフォンユーザになるといわれている。今回は、韓国でチェーン展開する大手スーパーマーケット“Tesco Home Plus”のスマートフォンを活用した事例をご紹介しよう。

 

Tesco Home Plusは、E-martというスーパーに次いで2番目に大きいスーパーだ。リアル店舗の数がより多い競合に、店舗数を増やすことなく追いつくにはどうすれば良いのか。Tescoはスーパーの利用客の声に耳を傾け、そこに解決できる問題がないかと探った。そこで実施されたのが“Homeplus Virtual Subway Store”である。
【動画】

駅のホームでスーパーと同じように買い物ができるようにしてしまったのだ。スーパーと同じように商品をディスプレイし、扱う商品もリアル店舗と変わらない。利用客は仕事帰りにわざわざスーパーに足を運ばなくても、電車の待ち時間に買い物を済ませることができる。欲しい商品にスマートフォンをかざしQRコードを読み込むと商品がオンラインカートに入る。あとはチェックアウトをするだけで商品が自宅に届けられるのだ。

 

 


動画を見るとわかるように、スマートフォンの動作はとても軽快。電車の待ち時間、多くても5分ほどの時間を有効に活用するのだからアプリの起動が遅い、動作が遅いのでは話にならない。この取り組みによって、Tescoのオンライン売り上げは130%増加、オンラインストアへのユーザ登録も75%アップした。オンラインのスーパーとしては韓国No.1、売り上げでも競合に大きく近づいたそうだ。

 


サイト内検索

アーカイブ

© 2011 SmartPhone Times