スマートフォンタイムズ

スマートフォン マーケティング情報サイト

スマートフォンタイムズ

  • スマートフォンタイムズFacebookページへ
  • スマートフォンタイムズFeed

携帯・スマホサイトをいっぺんに作る方法

  • サイトデザイン

現在では、消費者にアピールするには、PC、携帯、スマホ用サイトからのアプローチが必須と言える。それは、より多くのユーザーにリーチするために、ひとつのプロジェクトにおいて少なくとも3種のサイトを用意しなければならなくなったことを意味する。このサイト制作の手間とコストをいかに削減するかが、企業が頭を悩ませているところだろう。そこで今回は、サイトを構築するにあたり、コストと労力を削減できるサービスをいくつかご紹介しよう。

 

■ロックウェーブ「aiship(アイシップ)」
クラウド型モバイル通販ASP。PCサイトを元にスマートフォン専用またはモバイル兼用サイトの制作が可能だ。フォーム機能、会員登録、メール配信、問合せ受付、広告効果測定、QRコード活用などに対応する。初期費用は21,000円で月額9,800円から。

 

■シンメトリック「ラウンドアバウト」
スマホサイトから全携帯デバイス対応のサイトを自動生成する。従来の“携帯からスマホへ”の変換というフローから、スマホ基準で作成したものをケータイでも表示できるように変換するという手法にシフトさせ、今後もシェア拡大が見込めるスマホに投資を図ることで、効率化させる。費用はページビューに応じた従量課金制で、月額5万円。

 

■NTTスマートコネクト「スマイルサーバおまかせパック」
3キャリア携帯・スマホサイトを簡単に作れるレンタルサーバ。モバイルサイト作成用のコンテンツマネジメントシステム機能を備え、1つのサイトを作れば、各デバイス用のコンテンツが自動生成される。画像や絵文字、FlashやGoogleマップが組み込まれており、表現力豊かなサイトを作ることが可能。さらに、「スマイルサーバ」とセットで提供されるため、Web・メールなどのレンタルサーバ機能も利用できる。初期料金が5,250円で月額料金が3,675円から。

 

企業または商品・サービスに、購買者自らアプローチしてくる形態へと変化が生まれた昨今、その受け皿の未対応による販売機会ロスやリピート率低下は避けたいところ。とりこぼしのないよう、PC、携帯、スマホの窓口を万全にしておきたいものだ。

 

[関連サイト]
aiship
ラウンドアバウト
スマイルサーバおまかせパック

サイト内検索

アーカイブ

© 2011 SmartPhone Times